一般条件

Tacx bv | Rijksstraatweg 52 | 2214 BW Wassenaar | オランダ | ファックス (31) 070-5116411 | 電話 (31) 070 511 9259 | E メール info@tacx.nl

Tacx B.V. は、サイクリングスポーツの様々な側面をサポートする製品を多数製造販売しています。製品をお客様にお届けするため、Tacx B.V. は主に小売店(卸売業者を含む)を対象に販売を行っていますが、お客様に直接販売させていただく場合もあります。Tacx B.V. の一般条件は、Tacx B.V.(およびその子会社)とその取引先間に発生する法的関係すべてに適用されます。取引先が消費者であっても企業であっても同様です。


 

目次

第 1 条 – 定義および適用
第 2 条 – 契約
第 3 条 – 逸脱
第 4 条 – 価格および料金
第 5 条 – 契約の終了
第 6 条 – 支払いおよび保証
第 7 条 – 輸送および保険
第 8 条 – 発送および危険
第 9 条 – 苦情
第 10 条 – 所有権留保
第 11 条 – 知的財産
第 12 条 – 保証
第 13 条 – アフターサービスおよび点検
第 14 条 – ボトルの品質基準
第 15 条 – 法的責任
第 16 条 – 免責
第 17 条 – 他方当事者、署名者が複数の場合
第 18 条 – オランダの法律の管轄および適用
第 19 条:消費者による遠隔購入に関する特別条項(Tacx オンライン ショップ)
第 20 条 – Tacx Coach

 

第 1 条 – 定義および適用

  1. 本一般条件は、Tacx International B.V.(以下「Tacx」)および他方当事者との間で行われる契約および提供を含め、法的関係すべてに適用されます。以下に別に定めがない限り、それら法的関係すべては以下「契約」と呼びます。
  2. 本一般条件では、「他方当事者」は、買い手、当事者本人、雇用主として、またはいかなる資格においても Tacx と取引を行う当事者を指します。
  3. 他方当事者の一般条件で、Tacx に適用される、または法的に拘束するものはありません。
  4. 本一般条件は、他方当事者と Tacx と提携している当事者(子会社、関連会社、親会社など)との間の法的関係にも適用されます。その場合、本一般条件において Tacx はそれら提携する当事者と指します。
  5. 現在の一般条件からの逸脱が認められるのは、書面にて明示的に別段の同意を得ている場合に限ります。書面にて逸脱が明示されていない他の一般条件に関しては、なお効力を有するものとします。書面にて明示的に別に定めがない限り、現一般条件からの逸脱は、その契約において特別に定義された場合にのみ適用されます。
  6. 本一般条件のいずれかの条項が無効である場合、無効な条項に酷似しているものの有効であると見なされる条項は、当該条項に置き換えられるものとします。同様のことが、Tacx が他の理由で行使することができない条項にも適用されます。
  7. 本一般条件がオランダ語以外の言語で作成される場合、その翻訳およびオランダ語本文のいずれかの部分に矛盾が生じる場合、問題となっている部分のオランダ語本文が優先されるものとします。

 

第 2 条 – 契約

  1. Tacx が行う提供すべてからは、いかなる義務も発生しません。Tacx が価格見積書、概算書、事前計算書、または同様の文書を提供したことにより、Tacx が契約を締結する義務が発生することはありません。
  2. 契約が有効となるのは、義務の発生しない提供を受諾したことに関して Tacx が通知を受けた場合のみです。受諾の通知を受けてすぐに Tacx が義務の発生しない提供を取り消した場合は除きます。
  3. 受諾において提供の予約、または提供の変更が行われる場合、前項の規定にもかかわらず、契約が有効になるのは、Tacx が書面において他方当事者に提供からの逸脱に合意したことを承認する場合のみです。それらの合意は、他方当事者が遵守する一般条件の適用性に関連付けないものとします。
  4. 他方当事者による Tacx の従業員との法律行為は Tacx を拘束するものとはなりません。ただし、Tacx が書面により明示的にそれら法律行為の受諾を行う場合は除きます。

 

第 3 条 – 逸脱

  1. 契約における価格見積は、提供が行われる時点で適用される価格に基づいて行われるものとします。別に明示的に定めがない限り、価格の見積もりには売上高税および他の課税を含めません。
  2. 契約の締結後、以下のいずれかの状況が発生した場合、Tacx は、合意した価格より価格を上げる権利を有するものとします。為替レートの上昇、原材料・材料・契約の実行に必要となる半製品またはサービスの価格の上昇、発送費・賃金・雇用者の負担・社会保障・雇用に関する他の条件に関係した費用・輸送費の上昇、新しい税の導入または既存の税の増税、輸出入税またはオランダおよび他の国における他の税の増税、または上記のいずれかに相当する状況。それらの状況が発生した場合、Tacx は問題となっている費用の上昇に比例して合意した価格を値上げする権利を有するものとします。
  3. Tacx は、相違に大きな意義がない場合、規定の重量、数量、納期、技術的詳細、寸法、容量などに変更を加えることを認められるものとします。総重量、数量、納期などの相違が10%以下である場合、および状況すべてを考慮してそれら相違により販売・発送される商品の価値に影響がない、あるいは影響が少ないと合理的に判断できる場合、それら相違は大きな意義がないものと判断されるものとします。
  4. 契約の実施において余分の費用が発生する、または付加的なリスクが存在すると考えられる場合、Tacx はそれら余分の費用および付加的なリスクに釣り合う額を合意した価格に追加することがあります。
  5. Tacx は、契約を第三者に委託する権利を常に有するものとします。

 

第 4 条 – 価格および料金

  1. 価格および料金(以下「価格」)は、すべての商品(および該当する場合は活動)に対して当事者間で合意を得るものとします。合意が得られていない場合、Tacx が通常請求する価格または適正価格(適性価格の方が高い場合)が適用されます。
  2. 続く契約において書面により明示的に承認された場合を除き、以前に合意した価格または請求した価格は Tacx を拘束するものとはなりません。
  3. Tacxは、プロモーションの利用規約を変更したり、プロモーションを途中で撤回したりする権利を留保します。

 

第 5 条 – 契約の終了

  1. 1. 他方当事者が Tacx に対する義務を果たさない場合、時間通りに、または適切に義務を果たさない場合、破産・支払い停止・法定債務再構成を宣言した場合、債権者に和解または示談を提示する場合(資産の一部またはすべての没収を含む)、事業の売却または清算を進める場合(死亡または後見人の適用を含む)、または何らかの理由により事業または資産の一部またはすべてに対する管理権または裁量権を失った場合、Tacx は、債務不履行の通知を行うことなく、契約の実施を停止し、契約すべてまたはその一部を解消する権利を有するものとします。Tacx は、他方当事者に対して補償を要求し、提供した商品の返却を求める権利を有します。
  2. 2. 他方当事者が契約を解消したいと考える場合、他方当事者は Tacx に対し前もって書面による債務不履行通知を行い、Tacx が義務を果たす、または他方当事者により明確に指摘された欠陥を修正するための十分な期間を Tacx に与えるものとします。

 

第 6 条 – 支払いおよび保証

  1. 別に合意されたのでない限り、購入金額、Tacx が提供したサービスに対する報酬、またはその他の形式の対価の支払いは、他方当事者が販売された商品またはサービスを利用可能となった日付から 8 日以内に行われる必要があり、割引、補償、または他方当事者が Tacx に対して行う(他の)申し立てに対する相殺請求を引くことなく請求できるものとします。他方当事者による相殺請求または支払停止は、いかなる理由であれ、いかなる名称によってであれ、認めないものとします。
  2. (一括注文の一部を別にすることができる場合は)一括注文の一部の発送を含め、すべての発送は別個に請求を行うことができます。
  3. Tacx による他方当事者に対する請求が 2 件以上ある場合、他方当事者が指定した請求または要素にかかわらず、まず他方当事者が支払うべき費用を精算する支払いを行い、続いて利子および古い請求の支払いを行うものとします。
  4. 第 1 項に定められた支払い期間を超えた場合、債務不履行通知を行うことなく、期日から年12%の約定金利、および請求額の回収において発生する裁判費用または裁判外費用の償還を課すものとします。これは、実際にその費用が発生したかどうかに関わりなく最低 € 200,00 が課されるという「Voor Werk II」レポートに従うものです。該当の期間における法定利息が約定金利を上回る場合、その期間においては約定金利ではなく法定利息が課されるものとします。裁判費用には、没収費用、訴訟費用、破産適用費用など、請求金額の回収において発生する費用すべてが含まれます。
  5. 発送を行う、または発送を続行する、または契約の実施を開始する前に、Tacx は他方当事者の義務である速やかな支払いに対する十分な保証を要求する権利を有するものとします。滞納となる場合、他方当事者は、担保入れ(Tacx による査定が実施される)を含め、義務である支払いの確実な実施を行う十分な保証を提供する必要があります。提供される保証は、請求額、関連して発生する利子および費用すべてを十分に包含するものである必要があります。滞納となる場合、他方当事者はまず Tacx に対して、Tacx が受諾可能な他の方法により支払い義務を履行する要請を行う必要があります。Tacx は、前項に定めたとおり、他方当事者により提案された支払方法を拒否する権利を有します。
  6. 他方当事者は、契約の枠組み内で他方当事者により Tacx の管理下に譲渡される資産すべてに対する質権を前もって Tacx に付与するものとします。加えて、条件付き債務を含め、他方当事者がいかなる資格においてもいかなる理由によっても Tacx に対して負っているすべてに対する十分な保証を行うものとします。
  7. 他方当事者が要求される保証の提供を拒否する場合、Tacx は契約を解消する権利を有します。ただし、解消により発生する損失および損害の補償を請求する権利が侵害されることはありません。

 

第 7 条 – 輸送および保険

  1. 別に明示的に合意が行われている場合を除き、誰が輸送費用を負担する責任があるかにかかわりなく、Tacx は販売された商品または発送される他の商品の輸送業者を指定する権利を有します。
  2. 別に明示的に合意が行われている場合を除き、輸送業者の費用は他方当事者が負担します。
  3. 第 8 条第 1 項、および第 8 条第 2 項に定められる通り、発送の場所または発送の時点から、他方当事者は、輸送保険を含め、発送された商品、またはこれから発送される商品に関連して必要となる慣習的および適切な保険すべてを取得する義務があります。

 

第 8 条 – 発送および危険

  1. 書面により別段に明示的に合意が行われている場合を除き、商品の他方当事者への発送は、Tacx が事業を展開する場所またはそれら商品を取得した場所で行われます(「EXW(工場渡し)」)。発送は、Tacx が行い、他方当事者に商品が発送された、または発送されることが通知されます。
  2. 合意した場所における発送の時点から、発送された商品に発生する費用および危険すべては他方当事者が負担します。他方当事者は、発送に十分に協力する必要があります。他方当事者が Tacx による一度目の要請後に発送された商品を回収しない場合、または発送された商品の受領を拒否する場合、その効力に関する警告を行うことなく、他方当事者は不履行となります。
  3. 指示を行ったのが誰か、または誰の名で行われたかにかかわりなく、発送される商品の輸送に関係する費用および危険は他方当事者が負担します。送料無料の合意があった場合に限らず、すべての場合において適用されます。
  4. Tacx に代わって、または Tacx から輸送業者により輸送された商品を受領することにより、外観としては良い状態で商品を受領したことの証明となります。ただし、受託書または受領証明により明らかである場合は除きます。

 

第 9 条 – 苦情

  1. 1. Tacx による発送または他の業務実行に続き、他方当事者は、遅れることなく、Tacx が適切に契約を履行したかどうかを確認し、何らかの不備が見つかった場合には直ちに書面にて Tacx に通知する必要があります。他方当事者は、本項に定める通り調査を実行し、受領または完了から 2 暦日以内に適切に通知を行う必要があります。
  2. 2. 商品または性能の不適合が認められる場合、第 3 条第 3 項で定められる権利を損なうことなく、Tacx はそれら商品を問題のない新しい商品と交換するか、または Tacx の独自の裁量により、適切な性能と実際の性能の間の価値の相違に対して払い戻しを行う権利を有します。このように、契約の履行は適切に行われるものとします。この場合、他方当事者は契約を解消することはできません。
  3. 3. 他方当事者が適切な期間内に本条第 1 項に定める調査の実行を行わない場合、契約の履行は適切であったと見なすものとします。
  4. 4. 請求書の日付から 8 暦日以内に他方当事者が Tacx に対して書面による申し立てを提出しない場合、Tacx の請求書には誤りがないと見なすものとします。
  5. 5. 妥当性および公平性の明白な基準に基づき、第 1 項および 4 項に定める期間が他方当事者が注意を払った場合でも受け入れがたいほど短いと判断することが可能な場合、それらの期間は他方当事者が調査、または Tacx への通知を行うことが可能であると妥当に判断される最初の時点まで自動的に延長されます。
  6. 6. 他方当事者が提供された商品またはその一部を使用した場合、それらの取扱い・処理を行った場合、第三者に提供を行った場合、それらが使用されるようにした場合、または第三者に対し取扱い・処理・提供を行った場合、Tacx の性能は適切であったと判断されるものとします。ただし、他方当事者が本条の第 1 項に従っている場合は除きます。
  7. 当社のサービスまたは製品に満足していない場合は、遠慮なくご連絡ください。 これにより紛争の解決につながらない場合は、欧州委員会のオンライン紛争解決(ODR)プラットフォームで報告できます。 このプラットフォームは、http://ec.europa.eu/odrにあります。

 

第 10 条 – 所有権留保

  1. 契約の条件の下に Tacx の代わりに、または Tacx のためにリスクを負って、Tacx により提供された、または提供される予定である商品すべては、その契約に従って取得者のために Tacx により提供された商品または提供される予定である商品、またはその契約に従って Tacx により実行された、または実行される予定である活動に対する検討事項に関連する主張すべて、またはそれら契約の不履行に関する主張(罰則、利息、費用に関する主張を含む)すべてを満たすまでは、Tacx またはそれら商品の所有者である当事者の譲渡不可能財産となります。
  2. 他方当事者が、Tacx との契約の履行に関連して不履行とならない限り、他方当事者はその事業内における通常の方法で提供された商品を使用する、または取扱う権利を有します。商品が新しい商品の作成に使用された、他の商品に融合された、または他の商品のコンポーネントとなったことにより、Tacx の所有権が喪失する場合、他方当事者は作成された新しい商品の所有権または共同所有権を請求書の金額に比例して Tacx に移行するものとします。他方当事者は、Tacx が所有権または共同所有権を持つ関連する商品の所持者および保管者として、料金を支払うことなく使用することができます。
  3. 他方当事者が滞納中である場合、Tacx は商品を所持する当事者から直ちに商品の返却を求める権利を有します。

 

第 11 条 – 知的財産

Tacx は、他方当事者に提供するすべてのものに関連した、および直接的または間接的にそれらと関連するすべてのものに関連した知的財産権を有します。他方当事者は、Tacx の商品名、商標、または他の知的財産権を尊重するものとし、Tacx 以外の他の商品またはサービスを直接的または間接的に Tacx と関連付けることを目的として、Tacx との書面による明示的な同意を得ることなく、商品名、商標または Tacx の名称を使用することはできないものとします。

 

第 12 条 – 保証

  1. Tacx は、Tacx の提供する商品が、それら商品が提供される目的および Tacx が認知する目的を満たすことを保証します。
  2. Tacx が提供した商品に関連した欠陥を修正する十分な機会が与えられない場合、欠陥により発生する費用全ては他方当事者が負担します。
  3. 書面により Tacx の明示的な同意を得ることなく、他方当事者または第三者が提供された商品に操作を行った場合、それら商品をさらに加工した場合、または適切な管理を怠って保管した場合など、Tacx が注意深い他方当事者に当然期待する適切な管理を行わずに他方当事者が操作をするすべての場合には、保証は適用されません。
  4. 提供された商品が、試運転時に行われた取扱説明に従って使用されない場合、または商品の使用目的に従って使用されない場合にも、保証は適用されません。

 

第 13 条 – アフターサービスおよび点検

  1. 義務を履行できなかった場合に、Tacx が望むのであれば、欠陥を修正する手段を講ずる機会が Tacx に与えられるものとします。
  2. 発生した欠陥を修正する十分な機会が Tacx に与えられない場合、欠陥により発生する費用全ては他方当事者が負担します。
  3. 点検の実行を行う合意が行われている場合、または点検の実行が望ましいと Tacx が判断する場合、他方当事者はその目的において Tacx が望む方法で実行できるよう協力するものとします。
  4. 別に同意を得ている場合を除き、点検は他方当事者の負担で実行されます。

 

第 14 条 – ボトルの品質基準

  1. 以下の条項は、第 3 条第 3 項の条項にかかわらず、プリントボトルの販売および提供に限定的に適用されます。
  2. Tacx は、白いフィルムの背景に印刷を行う方法で、自社または委託してカラーボトルに印刷を行います。他のカラーとのオーバーラップに関しては、フィルムの作成において 0.5mm の許容誤差が認められており、それより大きな逸脱が生じた場合、それら最小誤差は当該の場合において妥当と見なされるものとします。Tacx は、それら許容誤差内の逸脱に関する苦情に対していかなる場合も責任を負いません。
  3. Tacx は、カラーボトルの PMS カラーとカラー範囲の PMS カラーの間の相違に対して責任を負いません。それらカラーの違いは、白い背景を使用することの結果として生じるものであり、避けることはできません。Tacx は、カラーの相違により発生する費用および責任を負わないものとします。
  4. 他方当事者は、設計において 0.5 mm の許容誤差を考慮に入れるものとし、またはそれぞれの上に異なるカラーが印刷された場合、それら許容誤差が当該の場合において妥当であると見なされることを認識するものとします。
  5. フルカラーで印刷する場合、Tacx は可能な限りカラープリントの色を再現するよう努めるものとします。しかし、他方当事者は 4 原色で作成した特定の色がカラープリントの PSM カラーとは異なる場合があることを認める必要があります。他方当事者は、カラー範囲で特定した PMS カラーと全く同じ色とはならないという事実を考慮に入れるものとします。Tacx の側に故意の、あるいは重大な怠慢があった場合を除き、Tacx は、カラーの逸脱により発生する費用を負担しないものとします。
  6. 他方当事者がフィルムのデザインを完全に実行することを選択する場合、他方当事者は 2 mm のオーバーラップを考慮に入れる必要があります。Tacx は、これにより発生しうるカラーのオーバーラップによる費用を負担しません。他方当事者が全責任を持って実行するものとします。
  7. 第 5 項の条項に関連して、他方当事者は、オーバーラップなしでフィルムを短くすることを選択することも可能です。この場合、他方当事者は、ボトルの上部から下部まで印刷されていない部分が生じるという事実を考慮に入れる必要があります。
  8. 他方当事者は、設計において、ボトルネックのサイズおよび最小で 0.5 mmの開口部を考慮に入れるものとします。他方当事者は、開口部をより小さくすると、ボトルからの流れが十分でないことにより、 詰まってしまうことがあることを考慮に入れるものとします。このような、またはこれと同様のことが発生する可能性のある状況でボトルを設計する場合、他方当事者が全責任を負います。
  9. 他方当事者は、設計において、ボトルの継ぎ目について考慮に入れるものとします。スプラッシュボトルに関しては、始まりと終わりは 2 つの継ぎ目の 1 つと見なされます。ロゴが継ぎ目の上にこないようにしたい場合、他方当事者は、2 つ目の継ぎ目を考慮に入れる必要があります。ソースボトルに関しては、継ぎ目はボトルの前面をふたの位置に対して斜めに通ります。
  10. 他方当事者は、他方当事者により提供されるフィルに関して全責任を負います。前項の上項において考慮事項が十分でない場合、Tacx は結果に関して責任を負わず、この点において責任が発生する状況は存在しないものとします。発生しうる責任の程度に関しては、第 15 条の第 5 項から 8 項までの条項が有効となります。

 

第 15 条 – 法的責任

  1. Tacx に責任が帰されない場合、Tacx は、義務を履行できなかった結果として、または不法行為の結果として生じる損害の補償を行う義務はありません。これは、損害が商品の欠陥によるものでなく、法律・法的行為により、または標準的慣行に従って責任が認められる何らかの原因に起因するものでない場合です。この場合、他方当事者は契約を解消することはできません。
  2. 第 1 項で定める責任が存在しない場合とは、とりわけ、異常気象、戦争または戦争の危険、感染症または感染症の危険、スタッフの疾患、予期しない異常な交通渋滞、輸送ルート上の障害物、Tacx または契約履行に関係するサプライヤおよび第三者のいずれかの業務混乱、Tacx または関係する第三者が使用する機械の機能停止、パーツ供給の遅延、政府施策、または上記のいずれかの状況により引き起こされる Tacx の能力不足などです。
  3. Tacx は、他方当事者または他方当事者が責任を負う第三者の過失または関与により生じた契約履行におけるいずれの不備に関しても、いかなる責任も負いません。他方当事者が意図的または重大な怠慢に起因するこを証明するのでない限り、Tacx は、注文の結果となる活動の範囲を超えて、他方当事者の助言または指示により、Tacx の従業員が行った履行の結果として生じた損失または損害に対しても、いかなる責任も負いません。
  4. Tacx は、Tacx において権限ある立場で勤務する従業員の意図的または重大な怠慢の直接的結果である限りにおいてのみ、不履行、不適切な、または部分的に不適切な契約の履行、助言、または研究の責任を負います。
  5. 過失の理由においてTacx が他方当事者の損失に関し補償を行う必要がある場合、本条で定める権利を損なうことなく、Tacx はその判断において、現物で是正する、つまり適切に供給されなかった商品を交換するか、または現金で補償を行う機会を有するものとします。
  6. 生じた損失または損害の補償を行う義務は、売上高の損失、他の事業の損失、または結果として生じる損失に関連した状況には適用されません。
  7. 損失または損害の補償を行う義務は、いかなる場合でも、履行されなかった、または適切に履行されなかった部分に関連した請求書の金額(売上高税を除く)を補償する義務を超えることはありません。
  8. それら損失または損害が € 10,000.00 を超える場合に限り、Tacx はいかなる損失または損害に対しても責任を負いません。
  9. 権限ある立場にある人物、パートナー、マネージャー、従業員および Tacx に関係するその他の人物は、他方当事者に訴えられる場合、法的責任に意義を唱える、または限定するため、他方当事者に対して同様の防衛を発動することができます。

 

第 16 条 – 免責

契約またはそれら利用規約において Tacx が責任を負わない、他方当事者が原因となる損失や損害、または損失や損害の一部に関して Tacx が第三者に訴えられる場合、他方当事者はその件に関して Tacx に責任を問わないことを保証するものとし、Tacx が第三者に対して支払う必要のあるものすべてに対し Tacx に補償を行うものとします。他方当事者は、罰金、苦情、定期的な違約金の支払い、または当局により課される他の措置により構成される、またはそれらにより生じる損失や損害に対し、Tacx に補償を行う責任があります。これら免責の義務は、権限ある立場にある人物、パートナー、マネージャー、従業員および Tacx に関係するその他の人物にも有効です。

 

第 17 条 – 他方当事者、署名者が複数の場合

複数の他方当事者が共に契約を結ぶ場合、または複数の人物が Tacx との契約に署名を行う場合、それら各他方当事者が共同かつ別個に、契約に伴う他方当事者の各義務に対して責任を負います。

 

第 18 条 – オランダの法律の管轄および適用

  1. 現在の利用規約の適用に関連したものを含め、すべての論争は、オランダの管轄民事裁判所、すなわち Tacx の登録オフィスが所在する管轄地域の裁判所のみで裁判を行います。しかし、Tacx が望む場合、Tacx は正式に条件を満たした論争を法律で管轄権を持つ別の裁判所に提出する権利を有します。
  2. 見積もり、提供、受諾、および契約は、オランダの法律に準拠します。
  3. 1980 年 4 月 11 日に発効した国際物品売買契約に関する国際連合条約(CISG、オランダ条約集 1986、61)は適用されません。ここに明示的に除外します。

 

第 19 条:消費者による遠隔購入に関する特別条項(Tacx オンライン ショップ)

  1. 本条の条項は、Tacx と自然人である消費者間の遠隔購入に関連した提供および契約にのみ適用され、それら消費者の事業または職業的活動に関連した目的には適用されません。本条の条項とこれら一般条件の他の条項との間に相違がある場合、本条の規定がそれら契約に優先されます。
  2. 14 日間のクーリングオフ期間中、消費者は具体的な理由を示すことなく製品の購入に関する契約を解消することができます。この 14 日間の期間は、最終期日となります。クーリングオフ期間は、消費者、または消費者が前もって指名した第三者(輸送業者ではない)が製品を受領した日から始まります。または、
    a. 消費者が同一の注文内で複数の製品を注文した場合、消費者、または消費者が前もって指名した第三者が最後の製品を受諾した日に始まります。注文プロセスに先だって明確に消費者に通知を行っている場合、Tacx は、複数の製品の注文を別の発送日にすることを拒否することができます。
    b. 製品の発送が異なる発送便またはコンポーネントで構成される場合、消費者、または消費者が前もって指名した第三者が最後の便または最後のコンポーネントを受領した日に始まります。
    c. 特定の期間内に定期的に製品の発送を行う契約である場合、消費者、または消費者が前もって指名した第三者が最初の製品を受諾した日に始まります。
  3. 消費者は、クーリングオフ期間中、製品およびパッケージをしかるべき配慮を持って扱います。製品をパッケージから取り出して使用する場合は、製品の性質、特性、機能を確認するのに必要な程度にとどめます。基本的な原則として、消費者は店舗で行うように製品を使用したり点検したりする程度にとどめる必要があるということです。消費者は、そのように製品の性質、特性、機能を確認するのに必要な程度を越えて製品を使用することにより生じる、製品の価値の低下にのみ責任を負います。
  4. 消費者が解消する権利を行使する場合、クーリングオフ期間中に、解消に関して電子フォーム、書面、ファックス、または E メールで Tacx に通知する必要があります。電子フォームには、https://www.tacx.com/onlineshop/service/rmaからアクセスすることができます。
  5. 消費者は、可能な限り迅速に製品を返送して Tacx(または Tacx の正規代理店)に返却する必要があります。通知を行った日の翌日から 14 日以内に行う必要があります。Tacx が製品の回収を申し出ている場合は、返送する必要はありません。クーリングオフ期間が切れる前に製品を返送するのであれば、消費者はいずれの場合においても返送期間に従ったことになります。この 14 日間の期間は、最終期日となります。この 14 日間を過ぎて製品を返送する場合、消費者は Tacx に対して行った支払いの補償(払い戻し)を受ける権利はありません。
  6. 消費者は、Tacx の妥当かつ明確な指示に従って、同梱されたアクセサリーすべてと共に、妥当な範囲で元の状態および元のパッケージで製品を返送する必要があります。
  7. 解消する権利を適切かつ適宜行使することに関連するリスク、および立証責任は、すべて消費者が負います。
  8. 消費者は、製品の返送に関連して直接生じる費用すべてを負担する必要があります。
  9. 消費者が解消する権利を行使する場合、付加的な契約すべては法律により無効となります。
  10. 消費者が通知を電子的方法で行うことを Tacx が可能とする場合、受領後直ちに通知の受領確認を送信します。
  11. Tacx は、消費者が解消の通知を行った翌日から 14 日以内に、発送費を含め、Tacx が返送された製品に対して請求した金額すべてを消費者に払い戻します。Tacx が製品の回収を申し出ている場合を除き、Tacx が製品を受領するまで、または消費者が製品を返送したことを証明するまで(いずれか早いほう)は、製品の払い戻しを行いません。
  12. 払い戻しに関しては、消費者が別の方法で同意している場合を除き、Tacx は消費者が購入に使用したのと同じ方法を使います。払い戻しにおいては、消費者には料金は課されません。
  13. 消費者が安価な標準的発送方法よりも高価な発送方法を選択する場合、Tacx は高価な発送方法にかかる追加料金を払い戻す必要はありません。
  14. Tacx は、解消権の行使に関して以下の製品サービスを除外します。
    a. Tacx が何の影響力ももたず、解消権の行使期間中に発生する金融市場の変動に価格が関連している製品およびサービス
    b. サービスの完全実行後のサービス契約で、  a) 実行が消費者の明確な事前承認により開始された場合、 b) Tacx が契約を完全に実行したのと同時に、消費者が解消権を喪失したことを宣言した場合。w
    c. 実行の特定の日付、または期間が契約に含められている場合の、余暇活動に関連した契約、
    d. 既製の仕様ではなく、個人の選択に基づいて作成された、または特定の人物の明確な意図によるものである、消費者の仕様により製造された製品、
    e. すぐに使用できなくなる、または保管可能期間が限られた製品、
    f. 健康上の保護または衛生に関連した理由で返送に適しておらず、納品後に封が破られた密封製品、
    g. 製品の性質により、納品後に他の製品と混合された製品、
    h. 納品後に封が破られた、密封オーディオ・ビデオ録音およびコンピューターソフトウェア、
    i. 材料搬送装置上以外のデジタルコンテンツの発送で、 a) 消費者が、納品に先だって 14 日間のクーリングオフ期間が終了する前に契約実行の開始に明示的に同意している場合、および b) 消費者が解消権の放棄を結果として宣言した場合。
    j. 消費者の仕様に合わせて作られた商品、または明確にパーソナライズされた商品。
    k. 新聞または定期刊行物または雑誌。ただし、そのような出版物の供給に関するサブスクリプション契約は除きます。
  15. VAT 率の変更により価格が変化する場合を除き、提供される製品およびサービスの価格は、有効期間中に上昇することはありません。
  16. 前述の条項からの逸脱として、Tacx が何の影響力も持たない金融市場の変動に価格が関連した製品またはサービスを、異なる価格で提供する場合があります。市場の変動、および記載の価格が目標小売価格であるという事実との関連は、提供の中で明記されます。
  17. 17. 契約締結の 3 ヶ月以内の価格上昇が許されるのは、法的規制または法規条項の結果による場合に限ります。
  18. 18. 契約締結の 3 ヶ月以内の価格上昇は、
    a. 法的規制または法規条項の結果による場合、または
    b. 消費者が、価格の上昇が有効になった日に契約を終了する権利を有する場合、許可されます。

 

第 20 条 – Tacx Coach

  1. Tacx ウェブサイトの Tacx Coach セクションは、細心の注意を持って作成されています。ウェブサイトの情報を使用する場合、この免責条項に同意したことになります。以下に定める要点は、Tacx ウェブサイト全般、特に Tacx Coach セクションに適用されます。
  2. Tacx bv は、ウェブサイトで提供される情報の使用により生じる可能性のある直接的または間接的損害にいかなる責任も負いません。提供されたコンテンツが特定の目的に適しているかどうかに関し、保証または保護を行うことはありません。本ウェブサイトのコンテンツからはいかなる権利も発生せず、いかなる苦情も行うことはできません。
  3. 3. Tacx bv は、情報が定期的に更新され、適切な方法で情報が追加されるようにしていますが、Tacx bv は、情報が最新のものであることを保証しません。本ウェブサイトのコンテンツは、情報提供のみを目的としています。Tacx bv は、提供されるコンテンツの不正確さ、または不完全さに関して責任を負いません。Tacx は、提供された情報の更新、または誤りの修正に対して責任を負いません。本件に関連して、Tacx bv は一切責任を負いません。
  4. Tacx bv は、外部ハイパーリンクのウェブサイトおよびファイルに対して責任を負いません。
  5. Tacx bv は、ウェブサイト、またはウェブサイト上で提供されるサービスへのアクセスを通知することなく拒否する権利を有しています。

 


本ウェブサイト上の情報すべては、個人使用を目的としています。情報の配信や関連付けは、いかなる方法においても許可されていません。
本ウェブサイトのいかなる部分も、許可なく複製したり使用したりすることはできません。 本ウェブサイトおよび免責条項は、オランダの法律に準拠します。

最終更新日 2015 年 3 月、商工会議所に提出、番号27133005(Tacx International bv)

©2015 Tacx bv.無断複写・複製・転載を禁ず。